大きな問題となる双極性障害は專門の医療機関で治療しよう

障害による問題

海辺で悩む女性

双極性障害の診察を行っている医療機関

社会的に大きな被害を受ける病として、双極性障害が挙げられます。双極性障害は、躁鬱を繰り返す病であり、気分の移り変わりが極端なのが特徴です。躁状態となると、非常に活動的になる反面、態度が尊大なものとなるため、多くの人に迷惑をかけてしまいます。また、鬱状態では逆に強い不安感に苛まれるため、自傷行為や自殺に走ってしまう場合もあるのです。こうした双極性障害は、專門の医療機関に連絡することで、治療を行うことができます。医療機関では、高い技術によって適切な治療を行うため、利用することでこうした問題を解消させることができます。双極性障害は、脳の前部帯状回と呼ばれる箇所の疾患によって引き起こされるとされています。この前部帯状回は、脳における感情のコントロールを司る部位です。双極性障害となる患者は、この前部帯状回が縮小してしまうことで、こうした症状を引き起こしてしまうのです。縮小した前部帯状回は、治療によって回復するため、こうした双極性障害も治療することができるでしょう。

躁うつ病の治療に必要な平均的な医療費

双極性障害では、專門のクリニックや病院で治療を行うことができます。インターネットを使用することで、簡単な診断を行うこともできるため、自分が双極性障害であるか分かります。ネットでの診断によって、双極性障害と同じ兆候が見られた場合、すぐに專門の医療機関で治療を受けましょう。迅速な治療を受けることによって、自身や自分の周囲への被害を防ぐことができるのです。

双極性障害を治療するには、心療内科か精神科を受診することが必要になります。どちらの診療科目も保険診療が可能ですので、健康保険証を持参すると、3割負担で治療が受けられます。 心療内科も精神科も、どちらの診療科目でも治療費はほとんど変わりません。初診料と薬代を合わせて、4500円から5000円程度で治療が受けられます。心療内科で血液検査などを行った場合には、検査代が別途必要になります。 うつ病の治療代も、基本的には双極性障害の治療費とほとんど同額になります。うつ病と双極性障害では、治療薬が異なりますので、処方する薬によっては、料金が変わってくる場合があります。薬代の平均的な金額は、2000円から3000円程度になる場合が多いです。

双極性障害を治療する際に必要な平均的な医療費は、診察代と薬代を含めると、総額で4500円から5000円程度になります。双極性障害以外の症状で初めて心療内科や精神科を受診する際の費用は、5000円前後が平均的な金額になります。 2回目以降受診する際には初診料が不要になりますので、診察代は1000円以内になる場合もあります。薬の処方がある時や検査を受けた時には、薬代と検査代が必要になります。 心療内科や精神科で双極性障害の治療を受けた時の費用は、医療費控除の対象に含まれます。年末調整の時に医療費の申告をすると、還付金として戻ってきます。医療費控除を受けるためには、受診した医療機関が発行する領収書が必要になります。

ピックアップ

考え事

鬱病との違い

双極性障害は、鬱病とは違い躁状態になる病気です。躁状態となると、自覚症状がないため、鬱病だと思い込み鬱病の治療薬を使用してしまう事があります。鬱病の薬では治療出来ないため、きちんとした医師の診断のもと治療を受けましょう。

詳細を読む

愛情をもって接することによってひきこもりは解決することが出来ます。相談をしておくことでこれらの問題を解消させることが可能です。

悩む男性

気になる症状

多くの症状が挙げられるのが双極性障害です。眠らなくても元気な状態や、気分が極端に落ち込んでしまうなどの症状があるため、該当する症状があればきちんと治療を受けておきましょう。

詳細を読む

投薬による治療

投薬によって双極性障害の治療が可能となります。気分安定薬や抗精神薬を使用し、脳内のドーパミン量を調節し、治療を行うことができます。他にも、躁状態での睡眠を促すため、睡眠導入剤を使用することもあります。

詳細を読む

自覚させて治す

双極性障害の治療では、患者さん本人への認知療法が高い効果をもたらします。きちんと病気のことを自覚させることにより、自分の心に負担をかけず、適切な治療を行うことができるのです。

詳細を読む

医師への相談

双極性障害は、治療を行うために医師へ相談する必要があります。医師に相談することで、治療の流れや掛かる費用などもすぐに分かるため、費用がわからず不安を抱える人でも利用することができるのでしょう。

詳細を読む

↑ PAGE TOP