大きな問題となる双極性障害は專門の医療機関で治療しよう

投薬による治療

落ち込む

双極性障害では、投薬による方法で治療を行います。投薬治療を受けることにより、双極性障害によって問題となる感情コントロールを行うことができるのです。投薬治療では、主に気分安定薬と抗精神薬を同時に服用します。気分安定薬は、鬱病にも処方される薬であり、極端な気分の落ち込みを抑えることができるのです。気分安定薬の作用によって、自分では抑えられない感情を落ち着かせ、安定した状態に戻すことができるのです。これに対し、抗精神薬は主に躁状態に効果を表す薬剤です。統合失調症などにも使用される抗精神薬は、躁状態の気分も安定させ、脳内のシナプスに作用し、感情を安定させてくれるのです。こうした双極性障害は、ドーパミンなどの分泌を司る脳の部位が何らかの障害を起こしてしまうことで発症します。投薬によって脳内のドーパミン量を適切なバランスにすることで、気分を安定させ、治療を行うことができるのです。治療によってこれらの薬剤を服用し続けることで、脳内のバランスが正常に保たれ、障害を起こしていた脳の部位も回復させることができるでしょう。

ドーパミン量を調節する薬剤以外にも、双極性障害では睡眠導入剤を使用することがあります。双極性障害の症状として、寝ることが出来ない場合があります。躁状態ではほとんど眠らず、鬱状態となるといつまでも眠り続けてしまうなど、双極性障害は睡眠障害と密接な関係にあります。抗精神薬や気分安定薬の他にも、睡眠導入剤によって適した生活サイクルを遅らせることで、高い効果で症状の改善をさせられるのです。